FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-17(Tue)

老人介護

最近、仕事でイライラしてます(滅)

ほぼ毎日イライラしてます(笑)

いろいろ原因はあるものの、一番の原因は、仕事ができない部下(オヤジより10歳年上)です。

部下との打ち合わせの時間を、老人介護の時間と呼んでます(笑)
ほんま、あの糞老人だけは、なんであんなに仕事ができないのか不思議でなりません(苦笑)

オヤジの仕事は、以前のブログにも書いたように、資格をウリにしています。
でも、資格を取得したからといって、それだけで仕事ができるわけではありません。
資格試験は、ざっくりと言えば、法律知識があるか否かを問うものであって、実務には直結していないからです。

例えば、○○法の条文を丸暗記しているからと言って、日々の特定の事案が、○○法の第△条に相当するから違法だなんて、すぐには判断できないわけです。
資格を取得した後も、日々実際の事案と向き合って勉強し続けないと使い物にならないわけです。

オヤジの部下である糞老人は、資格を取得してから余所の事務所で4年間実務経験があるということなので、採用しました。
若返りに逆行する人事ではありましたが、以前、オヤジの下で働いていた若者が辞めてしまった直後だということもあり、しかも実務経験があるのなら、最低限のことはやってくれるだろうという期待もあったので。

ところが、徐々に、糞老人の能力の無さが顕在化してきました(苦笑)
4年の実務経験があったとは思えないほど、基礎的な話を全く理解していないボンクラだったのです。

資格を取得しただけで満足し、4年間、のほほんと日々暮らしてきたとしか思えません。
酒ばっかり飲んでる糞老人なんだと思います。
酒飲むのは好きなだけ飲んだらええけど、仕事やるときはしっかりやれよ、なのです。

というか、糞老人は、本質的に、この仕事には向いていないのだと思います(苦笑)
オヤジの仕事は、目に見える商品を売っているわけではないので、頭の中そのものがいわば商品なのです。
論理的に物事を説明する文章力や話術を磨き、それによって相手を論破するのが、いわば仕事なわけです。

糞老人はその前提となる論理的思考回路が欠如しています。
論理的思考回路というと、何やら難しく感じるかも知れませんが、そんなたいそうな話ではないのです。

A.中年のおっさんは、エロい。
B.オヤジは、中年のおっさんである。
C.したがって、オヤジはエロい。

この3段論法を自由自在に使いこなせることさえできれば、誰でもできる仕事なのです(苦笑)

上記の3段論法を糞老人が使うと・・・

A.中年のおっさんは、エロい。
B.オヤジは、年齢不詳である。
C.したがって、オヤジはエロい。

となるのです。

B.でオヤジの年齢が不詳(=中年とは限らない)にもかかわらず、何故、C.の結論(オヤジはエロい)が導き出せるんですか?

こういうことを糞老人は平気で言うのです(呆)。
糞老人に言わせると、年齢不詳なんだから、中年の可能性もあるわけでしょ。だから、C.に当てはまるケースもあるでしょ。
となるわけです。

確かに、C.に当てはまるケースもあります。
でも、C.に当てはまるという断定はできません。
年齢不詳である以上、前提事項であるA.をオヤジに適用できるかどうか定かではないわけだから、断定的な結論を導くことはできないわけです。
そのことを何度説明しても、糞老人は理解できないのです。

オヤジが指摘すると、そのときはわかったと言います。
でも、別の案件をやらすと、同じ間違いをします。
何度言っても、同じ間違いをするということは、本当のところはわかっていないと判断せざるを得ません。
たぶん、論理的に物事を考える習慣、というか、論理的に考えようとする気構え自体ががないのだと思います。

しかも、仕事が遅すぎる。
たかがそんだけの文章を書くのに、一体、何時間、何日かかってるんやと、毎日のように叱責しています。
ボランティアやってるんとちゃうでと。

中身に論理性がなく、なお且つ、スピードも遅いのでは、話になりません。

糞老人の老人介護をしていると、こっちまで頭がおかしくなりますわ(苦笑)。

糞老人は、自分が資格持ちであることや、知名度の高い大学を出ているということに、プライドを持っていると感じます。
でも、仕事ができないのだから、そんなプライドはドブに捨てて貰わないと困るのです。
中途半端なプライドを持つぐらいなら、例えば、高卒というハンディを抱えながらも、それをバネに日々努力している人間の方がよほど価値があるし、オヤジにとっても使い道があると思います。

てなことで、糞老人の代わりの人材を現在募集しています。
早く代わりの人間がみつかり、『いつでも辞めて貰って結構』と糞老人に言い放つ日が来るのを心待ちにして、日々ストレスに耐えている次第です(照)

ほんま、癒しが欲しいわ(苦笑)

あ、オヤジは、仕事上のストレスについて、家で話を滅多にすることはありませんが、たまに嫁さんに『機嫌悪そうやけど、どうしたん?』と聞かれると、話をすることがあります。
そのときには、糞老人に関する愚痴を話するのですが・・・

そういうのを聞いていた嫁さんは、あるとき、反町隆史主演のドラマ『グッドライフ』を見てみ?と言いました(笑)
あんまりしつこく勧めるもんやから見てみたところ、結構、面白くて、今では毎週見ています(照)

反町隆史演じる主人公は、元々仕事人間で、24時間、仕事のことばかり考えていました。
仕事の出来ない部下を罵倒し、自殺未遂にまで追い込む始末。
嫁の話はまともに聞かず、ある日突然、離婚届を突きつけられて、家を出て行かれる羽目に。

おい、この反町の演じてる主人公が、俺と同じやと言いたいんか!?(爆死)

『ここまで酷くはないけど、父さん(オヤジのこと)も結構、言葉の暴力が激しいから、気を付けた方がいいよ?』と嫁さん(笑)

『精一杯努力してるけど仕事のできへん人間ならば、俺もさほどキツイことは言わへん。
だけど、糞老人は違う。
この仕事やっていきたいのなら、もっと人の言うことをちゃんと聞いて、自分なりに必死に勉強せなアカンやろ!と叱責しても、なかなか勉強時間が確保できないと言い訳ばかり言いよる。
その割には、朝に酒臭い息を漂わせてたりしよるんや。
俺は、そういう、やる気のない、いい加減な人間が大嫌いなんや!』

と反論したら、その点には理解は示したものの、

『私に対する言葉の暴力も、これでもかってぐらい激しいよ。私は父さんに対してそんなに酷いことしてないと思う』

と、この点にはご不満の様子(笑)

じきに家を出ていく気かも知れませんな(照)

だけどな、これだけは言うとくで(このブログでしか言わんけど・・・笑)

俺ほどデキの良い旦那もなかなかおらんと思うで!!とな(自爆)








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

癒し担当で雇ってくれません?(笑)

えと、名前なんやったか忘れたー(爆)

No title

ナントカレデーさん

こんにちは^^
どなた?(爆死)

うそうそ、コロンレデーさんですよね?(笑)
オヤジの癒し担当秘書として、是非採用させてください!(笑)
給料安いけど(爆死)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。