FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-24(Tue)

悪女狩りその5(もう終わり・・・爆)

えー、もう最後どうなったかだけ書いて、このシリーズを終わりにしまつ(爆死)

たーん、たーん、たーよーしでの話の後、悪女Aとは急速に仲良くなり、頻繁に会って遊ぶようになりまつた。
当時の面倒臭がりだったオヤジにしては珍しく、自分の方から遊びに誘うことも多かったように思いまつ。
悪女Aと接するのがムチャ楽しくなってしまったのでつね(笑)。

てか、オヤジは、完全にミッションのことなど忘れてしまい、悪女Aに完全に心を開くようになっていまつた(笑)。
いや、ミッションどころか、今まで悪女Aに接してきた男の方が悪いんちゃうか、悪女Aの外面ばっかり見て、ちゃんと向き合わないから悪女Aも心を開かなかっただけちゃうんか、悪女Aはほんまはええ子なんやで、とさえ素で思うようになってまつた(笑)。

悪女Aの方も、人にはなかなか言えんやろなと思えるような事を真剣な顔してオヤジに話してくれたりしたため、オヤジに完全に心を開いているように思えまつた。

ところが、転機は、4ヶ月後に突然訪れまつた・・・。

ある日を境に、急に連絡が途絶えまつた。
オヤジの方から電話を何回か掛けても、全然繋がらなくなったのでつ。
夜に掛けても繋がりません。

悪女Aは就職して一人暮らししてたので、何かあったんかと段々心配になってきまつよね。
3日目には、夜中にも掛けてみまつた。
それでも繋がりません。

マジで心配になったオヤジは、下宿先の京都市内から、悪女Aが住んでた枚方のマンションまで、単車を飛ばしまつた。
ところが、彼女は部屋には居ない様子でつ。

せっかく来たし、朝まで待ってみて、それでも帰って来なかったら、マンションの管理人か警察に届けた方がええかな、とまで思ってまつた。
で、マンションの近くで、ひたすら待ってまつた。

すると、彼女は、朝方チャリンコに乗って、マンションに帰ってきまつた。
近くで待ってるオヤジを一瞥すると、怖い者を見たような顔になり、すぐさま部屋に入って行きまつた。

後でオヤジの方から電話すると、

「あんなところで待ってるなんて、ストーカーみたいやん!やめてや!」

と、オヤジは、悪女Aにストーカー呼ばわりされたのでつ(素・爆死)

てか、なんでそうなんねんな!?(爆死)

今でこそ笑い話でつが、当時のオヤジにしてみりゃ、そりゃ全治半年ほどのショックでつたわ(笑)

マジで心配になってマンションの外で待ってたことがストーカーになるわけでつか!?

てか、それまで仲良くしてたのは、一体何やったわけ!?

ま、たぶん悪女Aに他に男ができたんだろうと推測されまつが、それはそれで構わないし、オヤジが嫌われるのも構わないでつ。
ただ、ストーカー呼ばわりされたことが、オヤジの人間としての最低限のプライドをズタズタにされてしまったのでつ(爆死)。
オヤジの人生の中で最大の屈辱だったかもしれまてん(爆死)

ひとしきり悪女Aの身勝手な悪態を電話越しで聞いた後、オヤジは、一言だけ言って、電話を叩き切りまつた・・・。

「頼むから死んでくれ」と(素・爆死)

公衆電話からだったのでつが、荒れて、電話ボックスの中をボコボコに蹴り倒してまつた(爆死)


いや、ほんま、あれほどまでに身勝手な悪女は、これまで会ったことがありまてんわ(素)

ということで、悪女狩りのつもりが、まんまとええように扱われ、いわばオヤジ狩りにあってしまった、オヤジの話でつた(爆死)

THE・END


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

お疲れ様^ー^)

全部読ませて頂きました!

けど その悪女サン…最後は最低だったんだろぅけど

今までの男に対する接し方と少し違ったんじゃなぃ?
違う人だったら もっと違う終わり方だった←とか

わからなぃけど

う~ん…つか

傷つくょね(;´∩`)

プライド←

無題

いやぁ~ん
泣かせますねぇ~

純粋な想いを、ズタズタに切り裂かれたんですねぇ。。。(泣)


でも、私思うに、その彼女も
ある程度…
いや、相当オヤジさんのことを好きだったと思います。

じゃなと、そこまで続いてはなかったと思います。


悪女ではあるけれど、
ひとりの女ですし、恋もします。

ただ、気持ちの変化や、切り替えが早いのかもしれません…

そんな人いてますもんねぇ~

もちろん、それならそうと、最低限のお別れの挨拶ってものがありますけどねぇ~

もしかして、オヤジさんを、傷つけまいと、自然消滅を…
と、考えてたのかもしれませんねぇ。

そこで、想定外のオヤジさんの行動に、戸惑ってしまったのかもしれません…

オヤジさんに、そこまで想われてる!という、実感がなかったんでしょうねぇ~。

きっと、彼女は、愛情に乏しい環境で育ったんだと思います。

愛というものが何なのか解らない!

愛を求めて、さまよう…

でも、愛されても、それを感じ取ることができず、
何も満たされず…

そして、また 何かを探し…

究極の寂しがり屋さんなんだと思います。

その悪循環の中から抜け出せないでいるんだと思います。


ストーカー!と言ったのは、本心ではないと思いますよ。

オヤジさんの気持ちを、きちんと受け止めれてなかったのだから、
そう、口走ったんだと思います。

オヤジさんに限らず、誰に対しても、心底、真っ直ぐに向き合えないんでしょうねぇ…

オヤジさんにとっては、純粋に想ってただけに、
かなりの屈辱だったと思います。
でも、彼女は彼女で、寂しさの中で生きているんだと思います。

常に愛に飢えて、愛を求め…

でも、実感が湧けずで…

自分の存在や価値を認めてもらいたいが為に、
そんなやり方で自分を守りながら生きてるんでしょうねぇ…

そうゆう性格を理解してあげれて、
それに勝る愛を心の奥深い所にまで届けることができたなら、
男を食い尽くすという悪事は直る!

と、私は思います~


私、甘いですかぁ~?(笑)

No title

その悪女の話聞いたことあるでがんす(笑)。
確かオヤジさんが、そのねーちゃんが風邪ひいたとき、原付でミカンをもって行ったねーちゃんやったな・・・。
人間、一度は振られて、失恋の味を経験するのは、ひじょーに大切なことだと思うでがんす(素)。私みたいに2度3度4度はいらんけど(爆死)。
ちなみに、、私は三十路になったけど、今までモテ期はこず(超爆死)。そろそろ来るかな・・・と臨戦態勢でまってるのでがんす(もうこやんやろ、諦めーや・・・爆死)。
オヤジさんはこの失恋はきつかったかもやけど、それをうわまわるモテ期があっただけでもマシやで!!!

No title

>皆さま(簡略形・・・爆死)

コメントありがとうございまつた(照・笑)
また、後日、皆さまのコメントに対するオヤジのコメントとして補足説明でもちよかな・・・。
悪女刈りその6(編集後記)として(爆死)
以下、簡単にレスを(笑)

>ファン.aさん

講読頂きありがとうございまつた(笑)
少し違ったんかどうかは、オヤジにはわからんなぁ・・・^^;
なんせ、オヤジの前に彼女に接した男のことを、オヤジは直接知らんから(笑)
この件で、オヤジは5kg痩せまつたわ(素・懐)
そのまま痩せてたら、メタボになることもなかったのにな(爆死)

>ラムシオさん

えらい熱く語ったなぁ!(笑)
彼女が愛情に飢えてたのではないかというのは、ラムシオの言うとおりかもしれんなぁ・・・。
ただ、彼女の求めてる愛情は、ほんまの愛情ではなく、ペットのように可愛がられる愛情であったような気がしまつ(笑)
詳しくは、編集後記にて!(ほんまに書くかどうかわからんけど・・・爆死)

>もうすぐ小姑

そか、オヤジの昔話したことあったっけな(照)。
てか、原付ちゃうわ!(爆死)
250ccのレーサーやで!
今、原付に跨ってみかん配ってる坊さんの映像が頭の中に流れてもうたやんけ!(爆死)

モテ期なんかいらんで(バッサリ・・・笑)
心許せる相手が誰か一人おったらそれで十分やがな。
その一人がなかなか難しいちゅう話もあるけどな(爆死)

No title

なるほろ<心許せる相手がおればいい

重いでつな・・・。
職場の動物達で心許せる相手がいないオヤジさんのその言葉、重みがありまつ(爆)。
今日も園砂漠やろうけど、耳栓装着バッチ牛で頑張ってください(笑)。
私も眠いけど、午後の部気張りまつ(照)。

No title

>もうすぐ小姑さん

せやねん・・・。
耳栓装着は、電話やキーボードを叩く音を遮り(特に鬱男の音な・・・爆)、仕事に集中するっていう意味もあるけど、全く心を通わせることが無い職場環境で、究極の孤独感を堪能したいという意味もあるねん(ドMかよ!・・・爆死)

てか、小姑は、常に眠いて言うてるんちゃうんかいな!?(爆死)
頑張って、小銭稼いでな(酷・爆死)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。